通行人Aレベルの村人アクエリプレイヤーの何か。そして鉄ヲタ。趣味丸出しの日記帳。
by TA_castlepoint
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


2005年 03月 20日 ( 2 )

という訳でサークル会に行ってきました

で、我がサークルのサークル会に行ってきました。
新入り団員三人が顔を合わせるということになりましたが・・・・・
僕の持参デッキ
1.緑赤ゴースト
2.オッドアイ三段シャドウアレスター風味
3.パームツイスター
4.葬神アヌビスシュート(緑赤カウンターブレイク型)

1,2のデッキはオベダイで使用したデッキとほとんど同じです。
3は、ネット上の知り合いのプレイヤー様から、
「経験上、使ってみるのもいい」と言われたのをきっかけに、 
色々なサイトで紹介されていたデッキを参考に、試しに組んでみました。
4は、オベダイで使った緑黄があまりにも無力だったので、緑赤に作り直し。
まだこのデッキについてはプレイングというか回し方を完全に把握していない部分が多いので、このデッキに関するレポは今回は割愛という形で。


で、結構たくさん対戦したんですが、書くのが疲れるので、主な対戦だけレポートしてみますね。

1戦目。2のデッキを使用(対パラケルススさん)
ステラ・ブラヴァツキ三段デッキ?
相手の展開が遅すぎる。アイコン事故か?ステラ三段なはずなのに、ディーラーのデの字も無い。
ありがたく3ターン目ぐらいに花嫁でファーマシストを喰う。ファクターは順調に溜まって行く俺。メインブレイクのオッドアイとインフィニティアイがハンドに有るが、プライムアイが来ない。相手にやっとこさ軽ブレイク登場・・・え・・・?コンジャラーじゃないの?
マルクト・・・・
ねぇ、ステラ様は!?ステラ様は光臨しないの!?
一瞬だけオルガが来るかと思ったが・・・・んなこたーなかった。
返しのターンでシャドウアレスターと戦闘機が来る。
セットして攻撃。
相手はなす術もなく、ダメージを食らっていく。
ダメージにステラ三種、死の印3枚が連続して落ちていく。
そんでもって何故かシャドウアレスターで3ターン殴っただけで終わりました。


2戦目。1のデッキ(霧生さん)
相手はパラケルススさん並に初心者の方だが、デッキの使いこなし方はこちらの方が上?
ジルにゃん(その呼び方は変ですか?)のデッキですね。ええ。オベダイでは苦しめられましたよ。
いきなりすみません。
初手ハンドが座敷童、震、パラサイトアイ、龍童・・・・・そしてニュームーン。
一ターンでファクターがガンガン溜まりました。
相手の場がノンブレイクのみだったんです。
すみません。
ニュームーン(ストール付)アタックレスポンスなしだったので思わず先祖がえりで巨大化させてしまいました。

僕だって負けられないですよ。勝負ですし。

4戦目。3のデッキ使用。(対パラケルススさん)
竜王摩那斯デッキ。
霧生さんと戦ってるところを見て、結構本格的なデッキみたいだったので、パームツイスターを投入。
空気読めて無いデッキ。後々思えばちょっとやりすぎた感も否めない。
初めて使ったのにも関わらずめっちゃぶん回りしてしまった俺。
二ターン花嫁成功。
次のターンで一回目のパームブレイク。
龍娘をトレイニーで喰う。これで相手の赤ファクターが消えた。
相手方は、パームデッキとの戦い方が分からなかったようなので、▼もちキャラや、ノンブレイクキャラにどんどんパワーを挿していく。
対する僕は、4ターンに渡って執拗に枚ターン一回ずつパームとウイングでブレイクを繰り返す。
ちなみにツイスターは三積みしていたが、ハンドに来ない。
仙道でブレイクしてBCBするために埋めていたらしい、キーカードが吹き飛ばされていく。
頼みの綱である仙道も二、三枚ダメージに落ちる。
結局殴り勝ち。

BCBはアクエリ開始当初凝ってたけどな・・・あれやるときついんだわ。

彼とは二回対戦してみたわけだが、あれだけダメージに固まって同じカードばかり落ちるのはいかがなものか?
デッキの切り方が4切りだったのがかなり影響しているのかもしれない。
あと、1F1C軽ブレイクがほとんど見受けられないというのもかなり展開力を狭めている証拠?
今度教えてあげなきゃね。
ちなみに俺は10切り。あれが一番カードがばらついてくれる。


3戦目。2のデッキ(対シロクマ君)
彼とは去年の冬からの知り合いです。リーダーの一番弟子。
アクエリ始めた時期も僕と同じくらいらしい。
とはいえ、経験の密度は俺より上ですが。
ちなみにオベダイでは僕が勝ちました。
この時彼はらいほー沙綾三段でした。
シロクマ君「何使いましょうか?」
俺「お任せします」

という訳でスタート。
相手はレイナ三段アンチ死霊デッキ+何かでした。
このデッキにはものすご~く危険な香りがする。
初めて戦ったときもこのデッキだったし。
5ターン目くらいに、アレスターとインフィニティアイが並ぶ。
しかし相手もレイナ三段が光臨。
アグレッシブ展開で相手のダメージに4点落ちている。
何故かノンブレイクのキャラでアタックしてくる。
よく分からないのでインフィニティアイでキャンセル。
3回目のアタックを通した瞬間・・・・
「ジャンヌダルクでブレイクします」
な、なんだってー!(AA略
殴られる。
そして
「アンチマジックシェル使います」
やばい。詰みだ。チェックメイトだ。終わった。ハンドのエイリアスが紙屑だ。
「死霊。(X)=4」
白キャラがインフニティアイを残して全滅。
またしてもノンブレイクがアタックしてくる。
インセプキャラでガードしてしまった。
インフィニティアイでキャンセルしておけば良かったのに・・・
すかさずレイナのアビリティ発動!
インフィニティアイ陥落!
こ・・・こんなこともあるさ・・・・

そのままレイナに殴り倒されてTHE END

何とか勝つ方法は無いものかなぁ・・・。

最後にリーダーとの対戦。
リーダーの秋成鏡にツイスターで挑戦。
ニターン花嫁を撃った瞬間リーダーがうなだれる。
ちょっと後味の悪い結果に終わる。


という訳で今回はここまで。
リーダーからは、「もう十分初心者の域は抜け、中堅レベルに達している」との事。
とはいえ、謙虚に生きていくことが何よりも大事です。
これはTCGの対戦のみならず、何事にも通じることですけどね。
[PR]
by TA_castlepoint | 2005-03-20 11:05 | TCG

HELLSING風に語ってみる

あッはっはッはっはっは
あのデッキがまるでボロ雑巾じゃないか
やっぱり強いなあ!! あいつは!!
べらぼうに強いな!! 存外に強いな!!

も も 申し訳ありません やはり やはり 私共はまだ 私共は…

否!! 馬鹿を言うな むしろ大成功に近い
あの一色真純デッキに対してあれは 我々は一定の戦果をあげたのだ
それは驚くべき存在への媒介だ

怪物(ミディアン)!! ゴースト(ミディアン)!! 吸血鬼(ミディアン)!! ワーウルフ(ミディアン)!! ワータイガー(ミディアン)!!鬼(ミディアン)!!マーメイド (ミディアン)!!ドラグーン(ミディアン)!!
それはもはや人ではない
化物(ミディアン)!!
すなわち私は半世紀の時をかけ その本懐へと指をかけたのだ

化物によるデッキを構築し
化物を兵装し
化物を教導し
化物による軍団を編成し
化物を兵站し
化物を運用し
化物を指揮する
我らこそ 遂に化物すら指揮する 我らこそ 「最後の大隊」

世はまさに新世紀 まさしく混沌だよ 博士
Welcome to this crazy time♪ このイカレた時代へ♪ ようこそ
君は確実に恐るべき天才だよ 大博士

感謝の 極み!!



すみません。


誰にも分からないネタを使ってしまったことを今では反省しています。
[PR]
by TA_castlepoint | 2005-03-20 10:06 | TCG