通行人Aレベルの村人アクエリプレイヤーの何か。そして鉄ヲタ。趣味丸出しの日記帳。
by TA_castlepoint
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


月光の秘儀発売なのですよ(その3)

さて、残りの2勢力も紹介~っと。

次は極星帝国ッ!

・遠見士
ペルセウスドローキャラ最後の一人が再録。
ああ、アンコモンのときのあの集めにくさと言ったらもうしゃれになりませんね。
ドローキャラコモン化ってのは本当にありがたいです。

・看護兵
7箱開けて2枚しか引けない子は俺です。
無限回収対象。

・トライ・サモナー
アイコンが優秀。トライデッキにも入るし、黄色ミスティックデッキとも相性がよろしいですね。

・キャバリアー
どちらかと言うとスタンダードの黄青BCB向けのブレイクかなと。
スキャナーを持ってるので、末妹“グィネウィナ・シグナス”との相性◎
バインド持ちなので、そうは死なないアタッカーになりえましょう。

・女王“卑弥呼”
・惑女王“卑弥呼”
帰ってきたネームレベル10人目。
1段目は昔のまま、カード名も同名で再録。
2段目からは新しいカード扱いで、エフェクトも新しいエフェクトが追加されてます。
1段目をかなん卑弥呼、2段目を山田卑弥呼ってな感じに。
なんか変な響き。


・指揮官“レナス・コルネフォロス”
・将軍“レナス・コルネフォロス”
アンデッドロード“ハンニバル・バルカス”亡き後、黄色ウォーリア界期待の新人。公式ストーリーではヒナ・アルレスカとほのぼのシーンを演出してくれた青年。
1段目の時点でレア扱いですよこのアビリティ。
2段目になると、至れり尽くせり。
ウォーリアビートが再び!

・月の巫女“ヒナ・アルレスカ”
構築済みプレミアムデッキに一足先に封入されていたカード。
パラレル版が、今回のボックスシークレットカードにもなってますね。
攻撃力を上げるには、耐久Upしてから、攻撃Upって・・・・・・。
耐久力Upエフェクトは有用だと思います。

・アンデッド“ソニア・ホノリウス”
帰ってきたネームレベル11人目。
アイコン的に人間としての生が終わっちゃってます。

極星帝国迎撃戦で死亡したソニア。しかし、ステラ様たちがいくら捜索しても、その遺体は発見されず。
と思いきや、密かにマケドニアの手により回収され・・・・・・。
アンデッドとして蘇った!
てな感じですか!?
っていうストーリーが一瞬で脳内にて構築されました。
どこのガンダムイボルブ(ZZ編)だ。
不憫な子ですが、アビリティはそのままに、サイズが極星帝国3F標準サイズで復活(?)
精神攻撃持ちのできる子として期待。
ふみぽんとソニア祭りになりました。

・フォートレス・アトランティス“セギヌス”
5F5C超巨大ブレイク。
ギアンサルが居なくなったと思ったら。こんな奴が出てきました。
いよいよカレー帝国も本気です。
まさに生ける難攻不落!
一応ソフィーデッキの最後の切り札としてがんばれそうです。
これがラピュタのいかづちだ!って叫びながらエフェクトをぶち込みましょう。

・トライ・ヒーラー“イェルハュク”
極星デッキは、ダメージ回復よりも、ほかの事を優先させたいんですがどうでしょうね。

・アーティフィカル・エルフ“シルヴァ”
最初、5月初めのイベントでイラストが公開されたとき、インフィニティがんとレットかと思いましたが、ブレイクカードでした。
エアリアルのようなアビリティと、ダメージからブレイクを吊ってきてガードさせることができると言う、一風変わったエフェクト。

・月光マント
何かのコンボを使わないとなかなかステルスを得られません。
タイムリバースしましょう。

・ムーンスタッフ
レアじゃないの?って思ったカード。
ただ、光の剣、ダークソードがある現状、候補としては下かなと。

・多次元英雄
2F2Cとはいえ、使いにい印象が。
ネームレベルにセットされていて、かつ、ダメージに最低1枚同じネームが無いと役に立たないと言う条件がきつい。
ペンダントと比べるとちょっと・・・・・・。

・赤い月
サンダーストームより一回り重いカード。
今度はインターセプト持ちのキャラもまとめて焼き払えます。
で、3ダメージかと思ったら(3)ダメージでした。
どう見てもレアにしか見えません。
序盤で撃つよりも、自分の攻撃を通す最後のとどめに、インセプを焼き払うというやり方もできそうです。
当然自分へも被害を受けるので、ご注意。

・次元破断
結局手札全捨てはきつくありゃしませんか?

・熱病
ソニックブレードと類似したカード。
▼、ブレイクスルーを与えるファストです。攻撃力は上がりませんが、0Cで撃てます。サンダーストーム、赤い月を撃ったレスポンスで、相手の場のキャラクターにこれを使えば、相手の被害を大きくすると言う芸当も可能という風に言われてますね。

・祖神
ダメージ置き場からでも使用宣言が可能な変り種。
自分の場のキャラクターだけでなく、相手の場のキャラクターをも目標に取れるので、勢力フェイズの▼判定で、ダメージからのプレイで不意打ちを食らわせますね。


ラスト。イレイザーです。

・ポンコツOS
ポンコツ過ぎる・・・・・・。

・しろうさ急便
うどんげいーん。

・魔天使“ルシフェル”
・大天使“ルシフェル”
ギアンサルと、シャルルマーニュの強力タッグとの激戦の後、姿をくらましていたと思ったら復活!
帰ってきたネームレベル12人目。
イレイザーに戻ってきました。

どうみてもふ○なりじゃないか・・・・・・・。


・ハッカー・トライ“メーュ・ツィー”
・ダイバー・トライ“メーュ・ツィー”
1段目で結構優秀なアタッカーだと思います。が、
2段目はどうでしょうって思います。
アタックを通して、そのあと手札捨てさせたあとにドローさせる・・・・・・・。
終盤で、相手のデッキが薄いときにかなり強いと思います。

・宇宙忍者“R.O.N”
わざわざエフェクト2点使ってステルスって言われても・・・・・・。
まあ、地味に打点が加わっていくのはうざいことこの上ない。

・月天使“スリエル”
帰ってきたネームレベル13人目。
3F標準サイズで精神攻撃を持っています。
パワー分攻撃力+(1)は強力。

・サイボーグ“K-100”
イラストを見た瞬間、ネオジオンのドーベンウルフが脳裏に浮かびました。
少々重いブレイクですが、劣化氷上純エフェクトがかなり強力。

・真由美クローン
こちらはイレイザー兵器設計局通信販売課です。
新作兵器登場!
今回ご紹介するのはわれらイレイザーの科学力を以ってして作られた生体兵器でございます!
そう!
まさかまさかの実用化!
たびたび地球侵攻作戦を幾度と無く妨害し、我々の悩みの種である、地球最強のサイキッカー「マユミ・フジミヤ」のクローン人間でございます!
地球で得られたクローンのためのサンプルがかなり不十分かつ、実用までの期間を大幅に短縮する処置をしてしまった結果、性能はそれなりでオリジナルに対し、かなり劣っています。
が、外見だけはオリジナルに忠実に作られています。
外見が命ですよね。
と、とりあえず!
それなりの性能とはいえ、一般的なヒューマンサイズでありますので、艦艇のクルーに、更にサイコキネシスによる白兵戦用戦力にぴったりでございます。
さてさて、この「真由美クローン」。
製造コストの都合上、数量限定生産でのご案内となっております。
お求めは旗艦クラウディア内コントロールルーム
「総司令官“ラユュー”」まで。
ご購入希望の艦隊指令の皆様はお早めにお求めください。
肖像権の侵害といわれていますが、以前我々が撤退している間、地球側のある企業が、ィアーリスの模造で「メカィアーリス」なるものを開発したことがあるそうなので結局チャラですよね。
そこんところは、多分問題ないと思いますのでご安心ください。

・メガモノリス“モイライ”
一番目のエフェクトの使用目的がわからない・・・・・・。

・スペース・スーツ
まあ、素直にメーュや、オプティックトライを使うほうが・・・・・・。

・ディスポーザブル・バリアー
バトルするとはがれてしまうのはちょっと・・・・・・。

・宇宙空母
ラユューが居ます。

・スウィングバイ
だから相手の手札枚数依存って・・・・・・。

・月接近
素直に血封陣使ったほうが・・・・・・。

・ワームホール
結局1回しかステルスの恩恵を受けられません。

・隕石
彗星爆弾より強いです。
ラプンツェルでぐるぐる回して相手に嫌がらせができます。
シャドウベイン代わりにも使えそうですね。

・四大天使降臨
若干ファクターが重いですが、かなり強力。
指定した勢力の全てのキャラクターにXの値だけ、+X/+X・+(X)/+Xという驚異的な効果。
Xの値だけデッキのカードをダメージにとばすという代償がありますが、ラプンツェルが居るので痛くないかと。


というわけで、新環境のカードレビュー終了です。
ネタっぽいのから凶悪カードまで。
なかなか楽しいエキスパンションになりそうです。

最近は初心者さんが増えてきているようですね。
そのような方にとって、少しでもいいので参考にしていただければうれしいです。

それではまた。
[PR]
by TA_castlepoint | 2007-05-27 15:38 | TCG
<< 月光の秘儀発売だったんだよ!(... プレミアムデッキ >>