通行人Aレベルの村人アクエリプレイヤーの何か。そして鉄ヲタ。趣味丸出しの日記帳。
by TA_castlepoint
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


さて・・・・

一応アクエリはしてます。

時間がなさ過ぎるので、ゲマの平日大会くらいだけど。
ほとんどのパターンが
「学校帰りに月曜にゲマで30分~1時間くらいフリプレして帰る」

みたいな。

正直現在の状況では、
『アクエリプレイヤーとしての自分のステップアップ』
を図るアクエリのプレイを何一つしていない。

時間があれば、地元千葉の津田沼とかで火曜日に大会に出たいです。
けれど、今年は学校優先なので、そうはイカの金時計。

大きな大会をにらんだ調整会とか、友人たちはやってたみたいだけど、正直スケジュールが合わないから無理だったOTL

で、当日予選に出ようかと画策してる弱小がここにいるわけですが。

何を組んでも、
『普通免許でF1乗ろうとしてる』
感じがしてます。
以前、この一言を知人に言われました。まさにその通りですねはい。
自分自身に、ストレスが溜まりまくりです。
“洞沢千影”って書いてある以外のカードとかデッキを見つめてるといらいらしてきます。
そうです俺は普通免許しか持ってません。

要するに自分はどこまで行ってもプレイングが駄目くさい人間なんです。
「当日予選出れたらいいな」
的な願望“だけ”が強いわけですよ。
結局そんだけだと思う。
大会に出れたら幸せな奴なんですよ俺って。

何故卑屈になってるのか?
今現在何もできない自分がむかつくから。


まあ、腐ってても仕方がありません。
腐ってますけど思いっきり。

で、こんな馬鹿みたいなこと書いてても不快なだけですね。

チラシの裏は今日も長いです。

前置きが長くなりました。対戦レポートです。
ずいぶん間が空いたけど、

近藤佳奈子女史を招いた、サークル主催の公認大会に行ってきました。

場所:アメニティ秋葉原
デッキ:ティタニアとか入ってる黄青
デッキレシピ(キャラ略)
3ティタニア
2レイナ
4マジックサークルライター
4プチウィッチ
3ジャングルエルフ
3デスソード
3イースター
3エクソシズム

1戦目(対黒単ラミエル?)
相手が壮絶な事故。
相手は初心者じゃない感じ。
ラミエルとか、ラプンツェルが出るけど、ファクターギリギリ。
補給無視で出されても、こっちは痛くない。
プチウィッチにデスソードくっつけてガリガリ殴ってたら終わりました。
勝ち。

2戦目(対緑白パワコン)
相手は何がしたいのか分からんかった。
『さっき初心者の人に容赦ない事した』
とか何とか叫んでたと思う。
・・・・うーん。
序盤からECBでひたすら戻しまくる。
ただただハロウィンナイト連射とかはまあ、痛かった。
しかし、相手は撃つだけで、その返しに何もしてこない。
ひたすらECB
こっちは捨て札のティタニアをイースターで釣ってきてパンチ。
ティタニアのアタック宣言→インセプ→相手コントラクト全力でハンド5枚くらい廃棄→エフェクトでティタニア引っ込む。
ティタニア強いね。
・・・・。相手のデッキ削れ過ぎ。俺何もして無いのに。
相手方過剰にドロー。
ダメージには鈴鹿とかタルテーとか落ちてく。
過剰ドローと過剰チャージで相手のデッキが薄くなっていく。
ラストターン辺りで鈴鹿登場。
ティタニア様とかがくるくる出たり引っ込んだりして相手デッキアウト。
水夜礼花とか入れてるデッキだったそうです。
勝ち。

3戦目(黄黒ソフィー・ラスタバン)
普通にソフィーと大小さまざまなドラグーンでぶっ殺されました。
2段になると普通に無理です。
負け。

4戦目(黄青アルシノエ)
橘くーん、君かいw
最近彼的ブームなアルシノエです。
こっちは何だか事故りまくりんぐ;;
アルシノエのエフェクトで出るわ出るわ。
イザベルとリチャードにボコボコにされてEND。

5戦目(白単ジャンクボーグ)
序盤は優勢かと思った。
しかし、
遅れて出てきたジャンクボーグに引きこもられて、突破手段が見つからずに数ターン。
ジャンクボーグにカケドゥスの杖(だっけ?)が付いて、エクステンションスーツが2枚付いて、MTBが付いて、レイナとかじゃもう勝てない。
更地にされて終わりました。

6戦目(赤単遥)
明らかに無理くさいです。
遥とバトると確実にこっちのデッキが死にます。
一回は遥を倒した。
あーーーーー。
遥が倒れても第二第三の遥が現れるだろう!(鋼鉄ジーグっぽく)
そのまま押し切られて負け。


結果:2勝4敗。

正直大会開始2時間前に、15分で組んで、そのまま東京まで来たので調整もクソも無しで、構築が甘かったっぽ。
デスソードよりダークソードのほうがよかったっぽいね。
今回は“遊び”を入れすぎたかな。
まあ、それなりに楽しめました。
上位はやっぱり有名人の人々で埋め尽くされてましたねw

やっぱり自分も勝ちにこだわるべきか。
こうやって3年間、ブログで毎回毎回無様な自分の対戦結果を晒している以上、
そろそろ「勝ち戦」を載せたい。
そのためには勝つことに貪欲な姿勢をとるべきだろうか。
少しは余計なこだわりを捨てなければならないのか。
とりあえずなんつーか。甘いよね自分。

あと、ちょっと思ったことをひとつ。
この大会で、フェイズの宣言をきちんとしない人がいた気が・・・。
ビギナーの方々は仕方が無いと思う。
けれど、ある程度このゲームをやりこんでる人との対戦(特に1,5戦目)では、
初手1ターン目の進み方が、
「メイン開始宣言なしキャラセットそのままパワー刺してキャラ支配END」
とかあった。
暗黙の了解の流れ作業でプレイってのは、正直いただけないと思います。

自慢できることではないけど。
自分は弱いけど、そこだけはしっかりと、また、はっきりとした声プレイすることを心がけてます。

毎回毎回えらそうなこと書いてすみません。所詮ここは最下層民のチラシの裏です。
カースト制で言えばシュードラどころじゃない、アンチャッチャブルなんです。

次回は25日のBT当日予選。
万が一、まぐれで決勝に出れたらそのレポートも。
ついでにランブルのレポートも載せます。
生きていたら、ね。
[PR]
by TA_castlepoint | 2006-06-20 02:39 | TCG
<< BT当日予選レポート ためにならないあくえりれぽーと >>